2023年3月幼稚園書道教室は7日(火)、14日(火)です。今までの提出した作品を返却します。

お子さんの1年間の成長をご確認ください。

小さい頃は一日の成長が特に大きいです。したがって幼いほど誕生日の違いが大きく影響しますが、成長し大きくなるにしたがって誕生日による日数の違いはそれほど影響はなくなります。また、お子さんにより急に文字の書き方が上達する時期があるようでいつかは分かりませんが、ぐーんと伸びる時期があります。これはいつなのか予測はつきませんが、継続は大切なように感じます。まして幼少期に文字をよく見て(視力)書く観察力、毛筆は扱いにくいが柔らかな、そしてボールペンのように均一な線になってしまうものより自在に操れれば太さや力加減などの変化やコントロールする能力(触覚)(筋肉の使い方)などを得られると同時に、文字や言葉をパソコンやスマホのようにただキーボードを打ったり、滑る画面の上をペンを滑らせ反発のない平面的な文字の書き方より脳を刺激するといわれています。小さい頃だけでなく毛筆で文字を書くということは様々に影響をあたえると考えています。最近は認知症の葉発見や予防、改善にも効果的との医師の検証もあります。筆ペンでもよいのでできるだけ書くことを推奨致します。